1 はじめまして☺

自分が小学生5年生の時(32年前)、母親が営んでいた喫茶店に、当時21歳の青年でDT125に乗ってお店にコーヒーを飲みに来るお客様がいました。 自分は当時からバイクが好きで、とにかく道行くバイクを良く目で追ってました。

当時自分の住む街は静岡県磐田市 そうYAMAHA発動機がある市で、さらにYAMAHA本社が学区内になる場所に住んでました。
だから毎日社員が通勤する時や、開発中の真っ白覆面をしたバイクを良く見て興奮していた事を思い出します。
その様に日々バイクを見て育ってきたのでバイクに乗りたい感情は人一倍あったと思います。

そんな自分の思いを母親はわかっていたのか、そのDTに乗るお客様にお願いしてくれて、ツーリングに連れてってくれました。
向かった先は『天竜スーパー林道』今は多分全面舗装道になってると思いますが、当時は本当に長い林道でした。 小学生だった自分、初めて感じたバイクの加速感!肌で感じたスピード感は当時の自分には恐怖感も感じましたが、間違い無くその時にトキメイテしまいました。
その後はお客様(ヒロくん)は自分に沢山バイクの世界、乗り方とか教えてくれました。
自分が中学生になった時、ヒロくんはDT200Rを購入し、それまで乗っていたDT125の保安部品を外して、自分様の練習マシンを作ってくれました。 そこからです!自分にスイッチ入りました。 自分のオフロード マシーンです。自宅近くに太田川があり、その河川敷が練習場になりました。 中学生活はサッカー部、小学2年から入団していたボーイスカウト、そしてバイクと、多忙と思いながらも充実した日々を送ってました。
そしてモトクロスにのめり込んで行きました
その数年後の17歳の時に不慮の事故にあい、モトクロスレースから離れてしまい、夢は夢のままで時が過ぎました。
あれから26年たった今年、夢のままで終わっていたモトクロス。家族始め職場、自分に関わる全ての人に恵まれ、今シーズン限りのチャレンジを認めてくれました。
再来月には44歳になるオッサンの.✨2017東北モトクロス選手権✨参戦ブログです!
宜しくお願いします☺
d0358890_21012463.jpg



[PR]
# by gogotomohikohaku | 2017-04-01 22:42